つまりが起きる前兆


トイレのつまりはいきなり起きたような場合であっても、必ず前兆のような物が存在しています。その前兆をしっかりと知っておく事が急なトラブルを避ける事にもつながります。最も顕著にその前兆が現れるのはトイレの水位です。トイレには常に水がたまっています。この水が排水管の臭いなどを防いでいるのですが、水を流す際に流れずに徐々に水位が上がってきてしまっているような場合には、トイレのつまりの前兆だと言えます。

トイレ掃除この時に徐々にでも水位が低くなっているのなら、完全につまってはおりませんので、水位が下がってから対処すれば十分につまりを無くす事ができます。これを慌てて何度も水を流してしまうとトイレが流れなく溢れてしまいますので注意が必要になります。

また、水流や音が普段と違うような場合にも注意が必要になります。いつもと同じように水を流しても水流が弱い場合や、流した時にゴボゴボという音がするような場合には、トイレがつまっているか、もう少しでつまるギリギリの状態になっています。ゴボゴボという音がトイレだけではなく、お風呂やキッチンで水を流しているような時にもするような場合には、業者さんを呼んで処理してもらわないと飛んでも無い事になってしまいます。

◇関連ページ◇トイレつまり原因 / 水回りのカイケツ君